こんにちは、ブロードヘアーの秀太です。




最近ではもう定番パーマの一つ『デジタルパーマ』。




さて、みなさま。

いまさらですが、『デジタルパーマ』っていったいどういうパーマなのか…。




ご存知でしょうか?(笑




「えーっと…。」

って方の為に“簡単”に説明します。




通常のパーマ『コールドパーマ』と『デジタルパーマ』の一番の違いは。




『熱変性』




をつかってかけるパーマということ。




熱変性…。




ちょっと専門的な話になっちゃいますが…。

簡単に言えば、生たまごを茹でると、たまごのタンパク質が加熱されることで固まり、ゆで卵になる。

髪の毛でいうと、ストレートアイロンやコテなどを使って、髪の毛を伸ばしたりカールをつけたり。

これも、熱変性や水素結合を使ったものなの。




この熱変性をうまーい具合にパーマに取り込んだのがデジタルパーマなのですき




では、コールドパーマとデジタルパーマとでパーマのかかり具合はどう違うのか…。




コールドパーマの場合、

髪の毛が濡れているときはウェーブが出てるけど、乾かすとある程度伸びる。




対して、




デジタルパーマの場合、

髪の毛が濡れている時と乾かした時とのウェーブの差が少ない。そしてカールの持ちもあがる。




「いったい何をいっているんだ…?」




って方の為に…あせ




とりあえず、実験してみました。kyu




さすがに、某えりさんの頭を使ってこの実験はできないので…。




お人形さんにお願いしました。(笑




左が普通のパーマ、右がデジタルパーマでいきます。

左右同じお薬をつけてー、10分間おきます…。



時間がきたらー、しっかりと両方水洗してー。

デジタルパーマのほうも同じ太さのロッドで巻きます。



そして、一番のポイント。

『熱を加えていきます。』

左はそのままですねー。



いい具合に乾燥させたらー。

両方とも2液をつけまーす。



んで、外しまーす。



クルリンっとかかりましたー。

クリリンじゃないですよー。

流しまーす。



だーいたい、同じ具合にかかりました。(笑

ちょこっとだけデジタルパーマのほうがかかってる感じ…。




さて、この後、乾燥させたらどうなるのか…ゆう★




ブワーッっと乾かしてみます…。





ゴクリ…。





。。。










!?




おおおおお。









ほーらーエリザベス




デジタルパーマはコールドパーマにくらべて『髪の毛が濡れている時と乾かした時とのウェーブの差が少ない。』

ってことが伝わったでしょうか…?(笑




このパーマのかかり方を使って「コテで巻いたようなヘアスタイル」とか「海外セレブのような大きくてしっかりとしたウェーブ」が簡単なスタイリングでササッとできちゃうのさ…。




もちろん、デジタルパーマもデメリットはあります。

熱変性することでダメージの原因となりうる…
ゆう★

ロッドが熱くなるので、根元まで巻けない…。根元からしっかりとボリュームをだすようなスタイルには向かない…。

などなど。




そのデメリットを理解して、

『デジタルパーマの良さを最大限に生かしてヘアスタイルをつくり、ダメージを最小限に抑える。』

薬液の選定や処理のしかた、ロッドの温度を調整して乾燥をコントロールする…。




いやー。

ほんっとに面白い!(笑

お勉強、無限大ですね。手


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

facebook

LINE

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM