こんにちは、ブロードヘアーの秀太です。


今回は、おすすめのカラーリング技法のご紹介き



以前ご紹介したとおり、ヘアカラーをすれば”必ず”痛みます。

「なんとか痛みを最小限に抑えられないものか。」

っと考えられたのが”リタッチカラー”というカラーリング技法。



※リタッチカラーについては→「リタッチカラーってすごいんです。



しかし、リタッチカラーも何回も続けると毛先の色や白髪が明るくなってきてしまう。ゆう★

そうなったら、全体カラーをする。



と、やっぱり痛む。。。あせ



では。。。



その全体カラーのとき、根元の伸びてきた黒髪にアルカリカラーを使って明るくし、毛先につけるカラー剤をハーブカラーに。。。



したらどうだろうかひらめき



※ハーブカラーについては→「ナチュラルハーブカラーってご存知ですか?



っとゆーことで。。。



某エリさんにお願いしました。手



もうかなり退色しちゃってて10〜11レベルくらいの明るさ。



某えりさん「オレンジっぽいのは無理。」

ってことなので、9レベルくらいのアッシュブラウンに染めることに。kyu



ハーブカラーでアッシュ系。。。



ハーブカラーって、



こんだけの色しかないんです。



普通のカラー剤であればアッシュブラウンって色味がもう調合済みで用意されているのですが、ハーブカラーは完全に自分で色味を調合しないといけないの。。。



この色味の調合がちょっと大変ですが・・・

(”勉強のために”ちょこっと実験に使っちゃいましたが。。。)



なんとかアッシュブラウン完成ひらめき



まずは、根元の黒髪の部分をアルカリカラーを使ってリフトアップ(明るく)していきます。



※某えりさんは頭皮が敏感で痛くなりやすいので根元はつけないでギリギリのところに塗布しました。

そしたら毛先を少し濡らして、ハーブカラーで作ったアッシュブラウンを塗布していきます。




某えりさん「えっ!?なんかすごい色してるけど大丈夫!?」


。。。





秀太「大丈夫です。」


。。。



しばらく沈黙がつづき。。。セリザワさん



シャンプーします。



すると。。。



ほーーらーーエリザベス

こうなりました。き



赤みがかっていた退色ブラウンが、きれいなアッシュブラウンに。。。ひらめき




これ、毛先のダメージはゼロです。

ノーダメージどころか、ハリコシツヤの3拍子+ハーブアロマの香りつき。ゆう★



かなりオススメのカラーリング技法です。矢印上



ただ、色味の研究がまだまだなので。。。

お勉強、がんばります。筋肉



そして、本日。

「ナチュラルハーブカラー」の講習会に行ってきましたぴのこ:)

また後日、改めて書いていこうと思います。ちゅん


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

facebook

LINE

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM